Cosmetics for pimples

ニキビの為の化粧品

使用する化粧品 種類によっては、ニキビが悪化する可能性もありますし、
逆にきちんと選べばニキビ改善にもつながります。
クチコミサイトなどでどの商品がお勧めなどと記載されていても、
それが本当に自分に合っているのかどうかはわかりません。
ニキビを悪化させないニキビ化粧水の選び方にはポイントがあります。

まずニキビを悪化させない化粧品とは
そもそもどのようなものなのかを把握しておく必要があります。

殺菌作用

殺菌作用の強すぎるものは避けたほうがよいです。
ニキビの原因はアクネ菌とよく言われているため、
殺菌作用が強いものを選ぶ人もいますがこれは正しくありません。
確かにアクネ菌を殺菌することはできますが、殺菌作用が強すぎると、
アクネ菌以外の表層にある肌を守る常在菌も殺してしまいます。

アクネ菌は肌を守る菌よりも奥にあるので、アクネ菌の前常在菌が殺されてしまいます。
化粧品の成分表を見ると、避けるべき成分がわかります。
成分表にアルコールやエタノールが上の方に記載されている場合は、それらが多く配合されています。
他にも防腐剤や酸化防止剤が記載されている場合も仕様を避けたほうがよいです。

自分の肌に合うものかどうか

成分表やパッケージで殺菌作用の強いものでないことを確認しても
それが本当に肌にやさしいかは正確には判断できません。
何故なら、同じものを使用しても、人によってはアレルギーなどの
反応が出る場合もあり、全ての人に同じ効果が出るとは限らないからです。

特にニキビができるひとは、敏感肌や乾燥肌である可能性が高いので、
他の人よりも慎重に確認すべきです。

初めはパッチテストで自分の肌に合っているかを確認します。
パッチテストとは、いきなり顔やニキビの部分に塗るのではなく、腕などで試してみる方法です。
実際腕などに塗ってみて、そのまま洗ったりこすったりせずに少なくとも12時間様子を見ます。
これで異常がでなければ、自分の肌に合っていることが確認できます。
低刺激の物かどうかだけでなく、自分に合っているかもきちんと確認しましょう。

COPYRIGHT© 2013 ニキビの為の化粧品 ALL RIGHTS RESERVED.